テレアポトーク

テレアポは本当に難しい仕事なのか?

テレアポの仕事をしている人の中には・・

 

上手くアポイントが取れない。

 

アポが取れても契約に繋がらない

 

断られ過ぎてもう電話を掛けたくない

 

お客様からも上司からも怒られる毎日

 

このような悩みを抱えている人がたくさんいると思います。

 

 

商品を売るには見込み客と面会して商談しなければなりませんので、営業マンにとってテレアポの仕事は絶対に欠かせません。

 

でも、良質なアポが取れない為に苦しんでいる営業マンが世の中にはたくさんいるのです。

 

 

じゃあ、テレアポというのはそこまで難しいものなのでしょうか?

 

 

結論から言うと、契約に繋がるアポをサクサク取るのは決して難しい事ではありません。

 

 

クロージングにもコツがあるように、テレアポにもコツがあります。

 

アポが取れない営業マンは能力が低いわけではなくて、そのコツを知らないだけなのです。

テレアポ本で本当にアポ取りが上手くなる?

書店には数多くの営業本やテレアポ本が販売されています。

 

アポが上手く取れなくて悩んでいる人は、このような書籍を購入してスキルアップを計る人も多いと思います。

 

 

では、本に書いている事を実践したら本当にアポ取りが上手くなるのでしょうか?

 

 

著者の中にはかなりの実績と経験がある人もいますし、確かに参考になる部分はあります。

 

しかし、実際の営業で使えるかどうかと言われると・・正直微妙なものが多いです。

 

というのは、ほとんどの本は綺麗に一般化されていて現場の臭いがしないのです。

 

 

・声は大きく元気良くして相手に良い印象を与えよう
・相手に興味を持ってもらうのが大切です

 

 

確かにその通りかもしれませんが、このように抽象的な表現で書かれていても活用するのは難しいです。

 

 

 

実際に現場で使えるノウハウというのは

 

受付を突破する為の具体的なトーク

 

担当者を惹きつける為の具体的なトーク

 

このように、抽象論や一般論ではなく、具体的なトークや言い回しを書いているものなのです。

僅か7コールに1アポ達成したテレアポトーク

テレアポが上手くなる為には現場で使える実践的なノウハウが必要になります。

 

しかし、本屋などで販売されている書籍は、抽象的な内容のものが非常に多い。

 

そのような本を参考にしてしまうと、テレアポのスキルがアップしないどころか、下手したら逆に今より悪くなる可能性もあるのです。

 

もし、あなたが現在アポが獲れなくて悩んでいる、テレアポで結果を出したいというならこちらをおすすめします。

 

 

これは、613コールに1アポしか取れなかった人が、たった7コールで1アポ達成出来るようになったテレアポのノウハウです。

 

アポに繋がる思考法、受付タイプの別トークテクニック、担当者の心を掴むテクニック、リストを3倍以上に増やす方法など、現場に役立つテレアポの極意がたくさん盛り込まれています。

 

もし、あなたが

 

アポをサクサク取れるようになりたい!

 

受付を突破出来るようになりたい!

 

担当者の心理を掴む方法が知りたい!

 

リストの悩みを解消したい!

 

とにかく今より営業成績を上げたい!

 

このような夢を抱いているなら、一度実践してみる事をおすすめします。

 

テレアポが上達して、今よりも営業成績がアップ出来る事を心から願っています。